スキャンダル シーズン2 第22話

チャーリーから“アルバトロス”の名前を聞き出したハックとクイン。その直後、オリヴィアの金庫から“サイトロン社のカード”が盗み出されていることに気づく。とっさにクインたちはチャーリーを疑うが、オリヴィアは“アルバトロス”の背後にレストン知事がいることを確信する。

スキャンダル シーズン2 第21話

遂にメリーが、大統領グラントの浮気を暴露。取材合戦が白熱する中、ホワイトハウスは連日メディア対策に追われていた。オリヴィアは、フィクサーとして今の状況を解決したいと提案するが、大統領グラントは「何もするな。時には傍観者になれ」と、自力で乗り越えることを約束する。

スキャンダル シーズン2 第20話

倉庫の監視カメラ映像を精査していたクインたちは、ハックに襲いかかった男をチャーリーと特定。そして、チャーリーがサイラスに雇われていたことをオリヴィアに報告した彼らは「内通者はサイラスかも」と、疑い始める。

スキャンダル シーズン2 第19話

ジェイクと争い頭を強く打ったオリヴィアは、意識を失ったまま病院に搬送される。連絡を受けた大統領グラントは、オリヴィアに寄り添い夜通しで看病を続けていた。目覚めたオリヴィアに、これまでのことを謝罪し愛を告げるグラント。

スキャンダル シーズン2 第18話

オズボーンが車の中で自殺を図り、死亡した。ただちに大統領グラントは、記者会見の席で「オズボーンを政府内の内通者と断定した」と発表。事件はすべて解決したと思われたその時、オリヴィアのもとへ助けを求め、駆け込んできたのはオズボーンの妻スーザンだった。

スキャンダル シーズン2 第17話

オリヴィアのもとへ、ホリスが依頼人として現れる。彼の娘であるメイベル・ドイルが誘拐されたという。犯人は身代金を要求してきたが、ホリスは犯罪歴のある娘に嫌悪感を示し「出す金は1セントもない」と、頑なに拒否する。

スキャンダル シーズン2 第16話

オリヴィアのもとへ、新たな依頼人サラ・スタナーが現れる。彼女は大企業“ライオ社”のCEOを務め、夫フィルと2人の子供と共に幸せに暮らしていた。しかし今、ロースクールに通っていた15年前の“不倫関係”が、メディアにリークされたという。

スキャンダル シーズン2 第15話

デイヴィッドの家で殺害される直前、ウェンディがダウンロードしていた極秘ファイル“アルバトロス”を発見。オリヴィアは、国防総省のジェイクから“アルバトロス”は内通者の偽名だと知らされる。

スキャンダル シーズン2 第14話

ヴェルナが死亡した上に、大統領グラントから「待つな」と別れを切り出されたオリヴィア。10カ月の時が過ぎた、ある朝。連邦検事局の職を失ったデイヴィッドから、ベッドには血まみれの女性の遺体、手には血糊のついたナイフがあり「助けてくれ」と、慌てふためいた様子の連絡が入る。

スキャンダル シーズン2 第13話

ホリスの命を狙う者がいると知ったオリヴィアは、ハックに助けを求める。危機一髪のところで、ホリスを救い出すハック。無事を知ったオリヴィアは、ホリスへ司法取引には応じないよう命じる。